深山公園のイギリス庭園へいってきた


深山公園イギリス庭園

昨日の夕方から妻と息子と3人で玉野の実家に戻っています。
昨日は巨大なおもちゃに驚きました。
今朝は妻は自分の母と一緒にケーキを作るようです。自分と息子と父の3人は深山公園のイギリス庭園に行ってきました。

深山公園のイギリス庭園に行くのは実は初めて。

深山公園のイギリス庭園はここ。

深山公園のイギリス庭園は玉野市制60周年記念事業として 基本設計をイギリス人庭園技師のピーター・サーマン氏に依頼して、 玉野市役所都市計画課が整備した公園です。
平成12年8月6日に開園しています。まだ最近できたばかり。

で、イギリスの庭園の基本コンセプトは「20世紀における伝統的なイギリス庭園」。
四季折々の多くの花や樹木のあふれるイギリスの歴史と文化がはぐくんだ自然美を基本としたイギリス庭園です。

少しだけ入園料がかかります。

ベンチで一休み。
深山公園イギリス庭園

狭いようで意外と広いイギリス庭園。
結構、息子がはしゃいでいる。

深山公園イギリス庭園

イギリス庭園の近くには遊具があるのでここでも遊べます。
まだ、息子は全ての遊具で遊ぶのは少し早いかな。

で、帰りにトンネルが見たいと息子がいうので、和田のあたりのトンネルまで少しドライブ。
その後かえってみると、手作りケーキが待っていました。

手作りケーキ

で、これから食べる手作りケーキを楽しみにする息子と自分

手作りケーキと息子と自分

で、しっかり、こどもの日のお祝いをもらって、しかも、自分と妻も自分の父母から見たら子供ってことで・・・。
祖父母からも・・・。と至れり尽くせりで倉敷へ戻ってきました。


あなたの「いいね」が欲しいです。
「深山公園のイギリス庭園へいってきた」をシェアする
Twitter Facebook G plus このエントリーをはてなブックマークに追加 G plus LINE