ジャイアンシチューを食べてみた


藤子・F・不二雄ミュージアムのジャイアンシチュー

今年はドラえもんの生誕100年前の年なので藤子・F・不二雄ミュージアムでジャイアンシチューを食べてみた。

藤子・F・不二雄ミュージアム | アリラボ(//arison.jp)
//arison.jp/arilabo/arilabo.php?labo=20

これがジャイアンシチュー。食べた後の感想はリンク先にあります。
藤子・F・不二雄ミュージアムのジャイアンシチュー


ジャイアンシチューとは

ジャイアン(剛田武)が作った殺人料理の1つ。ジャイアンの歌を料理で表現したもの。
その代表メニューが「ジャイアンシチュー」である。

「ジャイアンシチュー」は「ドラえもん」の13巻に収録されている「ジャイアンシチュー」において初登場。
広く趣味を持つ為に「ジャイアン料理研究会」を結成したジャイアンが「ひき肉、塩辛、たくあん、イチゴジャム、煮干し、大福、その他色々」を材料として作ったクリームシチューとも鍋ともつかない「ドローリ」とした料理。
さらに41巻に収録されている「恐怖のディナーショー」においては、食材に「ジャム」「たくあん」「セミのぬけがら」を加え、味噌で味をととのえている。


あなたの「いいね」が欲しいです。
「ジャイアンシチューを食べてみた」をシェアする
 
 このエントリーをはてなブックマークに追加  LINE  
 はてなブックマークやLINEでシェアされると、よろこびます。 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください