AWS lambda best practices for java


AWSアイコン

AWS Lambda のベストプラクティスの2番目。

実行コンテキストの再利用を活用して関数のパフォーマンスを向上させます。

コードで取得する外部設定や依存関係が、最初の実行後はローカルで保存および参照されることを確認します。すべての呼び出しで変数/オブジェクトの再初期化を制限します。代わりに、静的初期化/コンストラクタ、グローバル/静的変数、およびシングルトンを使用します。前の呼び出しで確立した接続 (HTTP やデータベースなど) をキープアライブにして再利用します。

Java & Spring を使用する際にすごく重要。
リクエストでハンドラが呼ばれる度に毎回、再初期化してたけど、シングルトンで保持しとけば初回だけでよかった。
リクエストごとにプロセスを起動すると勘違いしてた。

#AWS

AWS Lambda 関数を使用する際のベストプラクティス – AWS Lambda
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/lambda/latest/dg/best-practices.html


あなたの「いいね」が欲しいです。
「AWS lambda best practices for java」をシェアする
 
 このエントリーをはてなブックマークに追加  LINE  
 はてなブックマークやLINEでシェアされると、よろこびます。 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください