【健康】ピロリ菌除去のお薬ボノサップパック400


ピロリ菌除去の薬ボノサップパック400

さて、先ほど2回目の人間ドックで岡山健康づくり財団にて人生初の胃カメラに挑戦した自分ですが、
検体と行ったということで、岡山健康づくり財団付属病院で追加の料金を払った後に処方箋を頂いたわけです。

ピロリ菌除去で保険適用には胃カメラの受信が必要なわけで、地獄を味わったからには除菌まで徹底して行いたい。
で、ピロリ菌が胃がんの原因で、さらに遺伝病のごとく世代間でピロリ菌が引き継がれることも多いため、
自分の世代で除菌しておくことが、末代までの繁栄に・・・とか壮大な使命感のもとで除菌を決意したわけです。
(でも、もう息子には感染済みな気がしています。)

で、処方箋をもらって適当な薬局へ。

ピロリ菌除去の処方箋

なんたかどえらい薬をもらった。必ず一週間、副作用が出ても我慢して必ず一週間。

譬えば鎌倉より京へは十二日の道なり、それを十一日余り歩をはこびて今一日に成リて歩をさしをきては何として都の月をば詠め候べき。

途中でやめたら、そこで試合終了らしい。安西先生もビックリの処方箋。

で、その薬がこれ。

【ボノサップパック400】
ピロリ菌除去の薬ボノサップパック400

商品名: ボノサップパック400
主成分:
 1.タケキャブ錠20mg;ボノプラザンフマル酸塩
 2.クラリス錠200;クラリスロマイシン
 3.アモリンカプセル250;アモキシシリン水和物
(Vonoprazan fumarate Clarithromycin Amoxicillin hydrate)
剤形:
1.タケキャブ錠20mg;微赤色の楕円形の錠剤、長径11.2mm、短径6.2mm、厚さ約3.9mm
2.クラリス錠200;白色の錠剤、直径約8.6mm、厚さ約5.4mm
3.アモリンカプセル250;頭部・胴部ともに白色のカプセル剤、長径18.8mm、短径6.3mm

この薬の作用と効果について:
 タケキャブ錠20mgは胃粘膜のプロトンポンプを阻害し、胃酸の分泌を抑制して抗生物質(クラリス錠200とアモリンカプセル250)の抗菌作用を高め、
 クラリス錠200とアモリンカプセル250はヘリコバクター・ピロリ菌に対し、抗菌作用を示します。
 通常、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎に用いられます。

1日2回(朝、夕)、7日間続けて服用して下さい

くすりのしおり くすり詳細
http://www.rad-ar.or.jp/siori/kekka_plain.cgi?n=42270

ということで、さっそく開始していきます。


あなたの「いいね」が欲しいです。
「【健康】ピロリ菌除去のお薬ボノサップパック400」をシェアする
 
 このエントリーをはてなブックマークに追加  LINE  
 はてなブックマークやLINEでシェアされると、よろこびます。 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください