マヤ歴の終わりは『新しい世界』の『夜明け』


時計アイコン

明日はマヤ歴の最後の日。時が加速し、世界が一巡する日。プッチ神父がそんなことをいっていたな。

プッチ神父ことエンリコ・プッチは荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』第6部「ストーンオーシャン」に登場する架空の人物。
その中でも有名なセリフ。

プッチ神父

「『時の加速』により 『加速』の行きつく究極の所!
 『宇宙』は一巡したッ! 『新しい世界』だッ!
 人類は一つの終点に到着し『夜明け』を迎えたのだッ!」

で、プッチ神父が定義した天国や幸福というものは、
『運命』によって起こる出来事を事前に知ることができ、人類は『運命』に対して『覚悟』する事が出来ること。

それをプッチ神父は『時の加速』によって『宇宙』を一巡させたことで『新しい世界』の『夜明け』を迎えさせた。

2012年12月21日。マヤ歴の終わりは『新しい世界』の『夜明け』。決して世界の終わりではない。

マヤ文明について
第1回 知ってるようで知らないマヤ文明 ナショナル ジオグラフィック(NATIONAL GEOGRAPHIC) 日本版公式サイト

マヤ長期暦は循環暦であり、それが直線状の終わりの日を指すわけではない。
現代の暦で言えば、12月21日に誕生した人が、60年後に還暦を迎えた12月21日にリセットされるわけではない。
あくまでも一巡するだけなのだ。
ただ、マヤ長期暦の暦元の日は、マヤ文明が誕生するはるか前の日であり、初めて一巡する日を迎えることになる。

そう、マヤ歴の終わりは『新しい世界』の『夜明け』なのである。

【おまけ】
ネタばれ含む『メイド・イン・ヘブン』と6部ラストの解説
ストーンオーシャンでプッチ神父は – Yahoo!知恵袋


あなたの「いいね」が欲しいです。
「マヤ歴の終わりは『新しい世界』の『夜明け』」をシェアする
 
 このエントリーをはてなブックマークに追加  LINE  
 はてなブックマークやLINEでシェアされると、よろこびます。 
 

3 Responses to マヤ歴の終わりは『新しい世界』の『夜明け』

  1. Arison より:

    プッチ神父「『時の加速』により 『加速』の行きつく究極の所! 『宇宙』は一巡したッ! 『新しい世界』だッ! 人類は一つの終点に到着し『夜明け』を迎えたのだッ!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください