意外と知らない「句読点」と「修飾語」のルール


ペンアイコン

意外と知らない「句読点」と「修飾語」のルール

「句点」で知っておきたい基本

・基本は息をつくときに「、」を打ち、文末に「。」を打つ

・「体言止め」の文末には、句点を用いない

・「!」や「?」で終わるときは句点を打たない

・()を使う文末はどうするか

 文末に注釈の()を使うときには、()の後に打つ
 (例).簡潔な文章を書くポイントの1つは一文を短くすることである(50文字以内)。

 筆者名、クレジット等を()に入れ文末につけるときには()の前に打つ
 (例).日中韓3カ国首脳が共同会見を3時から行う予定である。(○○通信)

「読点」で知っておきたい基本

・接続詞(そして、しかし、さて…など)のあと
 (例).そして、誰もいなくなった。

・会話文のかぎカッコの前
 (例).長女は、「私が行くの?」と不機嫌そうに言った。

・時間・場所・方法を現す語句のあと
 (例).ご来店の際は、必ずご予約ください。

・動詞の連用形が続くとき
 (例).しゃがみ、かたまり、背を向ける。走り出し、逃げ込んだ。

・長い主語のあと
 (例).2008年にアップルより発表されたスマートフォン「iPhone3G」は、日本でスマートフォンブームを引き起こす火種となった。

意外と知らない「句読点」と「修飾語」のルール – NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2135121327493422501


あなたの「いいね」が欲しいです。
「意外と知らない「句読点」と「修飾語」のルール」をシェアする
 
 このエントリーをはてなブックマークに追加  LINE  
 はてなブックマークやLINEでシェアされると、よろこびます。 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください