新横浜の名物ゲリラ弁当、略して新横ゲリ弁


新横浜ゲリラ弁当 弁松

新横浜の名物ゲリラ弁当、略して新横ゲリ弁。
『新横の昼はゲリ弁で』。お食事中に失礼。
#ゲリラ弁当 #ネタ

新横浜のゲリラ弁当には深い歴史があるらしい。
当たり外れのあるゲリ弁だけど、自分はハズレのないゲリ弁を知っている。
わかる人ならわかるであろうキーワード。

新横浜ゲリラ弁当 弁松

「木曜日は鳥のタルタル」
そう、この店はハズレが無い。
最近、12時を過ぎると行列のできるあのゲリ弁である。
あやうく車に惹かれそうなくらい長い列のできるゲリ弁だ。

通のゲリベナーなら、「鳥タル、大盛り」と言うべきである。
あとは黙って卵か、わさびふりかけを選ぶべし。
味噌汁の種類にもこだわりたい。

と、たかだか4ヶ月程度のゲリベナーは語る。

【追記】
そう、あのころは良かった。弁当は基本的には400円。
休憩時間の後半になると、弁当屋がこぞって値下がり競争を始めるのである。
でも、この「木曜日は鳥のタルタル」の店は値下げはしなかった気がする。

その後、僕たちはゲリベナーから、普通にランチを食べにいくビジネスマンに成り下がってしまったのである。
ワンコイン戦士から紙戦士にクラスチェンジしてしまったのである。

もちろん、ランチのほうがおいしいし、そういった意味では後悔はしていない。
ただ、あえて一言だけ、この未熟なゲリベナーから言わせていただくと

「新横浜に来たなら、一度はゲリ弁食べてみてください」
と。


あなたの「いいね」が欲しいです。
「新横浜の名物ゲリラ弁当、略して新横ゲリ弁」をシェアする
 
 このエントリーをはてなブックマークに追加  LINE  
 はてなブックマークやLINEでシェアされると、よろこびます。 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください