名古屋城いってきた


名古屋城

今日は午後から妻と子供が名古屋に来ます。
ギリギリまで仕事をしたあとに名古屋駅まで向かいに行く。

先週岡山に戻った際に、ズボンを持ってかえってたんだけど、
名古屋まで持って帰るの忘れててズボンがない。
ということを家族の到着1時間前ぐらいに知る。

いそいで、ジャージをはき名古屋駅まで行きズボンを購入。
何とか間に合った。

家族と合流後、新幹線での写真を取り、まずは名古屋名物のナナちゃんを見に行く。
キャリーケースをあずけるロッカーがことごとく埋まっている。
なんとか名鉄の空きロッカーを見つける。名鉄のロッカーは結構穴場かもしれない。

その後、名古屋城へ。

名古屋城は名古屋駅の北東にあります。

【名古屋城】
名古屋城

名古屋城(なごやじょう)は、尾張国愛知郡名古屋(現在の愛知県名古屋市中区・北区)にあった日本の城。
「名城(めいじょう)」、「金鯱城(きんこじょう、きんしゃちじょう)」、「金城(きんじょう)」の異名を持つ。
日本100名城に選定されており、国の特別史跡に指定されている。

名古屋城は、織田信長誕生の城とされる今川氏・織田氏の那古野城(なごやじょう)の跡周辺に、徳川家康が九男義直のために天下普請によって築城したとされる。以降は徳川御三家の一つでもある尾張徳川家17代の居城として明治まで利用された。

名古屋城で家族写真を何枚かとる。

名古屋城は家族と行きたかったから初の観光。

おもてなし部隊で徳川家康と豊臣秀吉と会った。
「よくぞ参った」のセリフが渋くてかっこ良かった。

本丸御殿の玄関の車寄と表書院、対面所を観る。
息子が暴れると危険なのでおぶって移動。息子も大分重くなった。
勇猛な虎と豪華な装飾、風俗画、荷物置き場でさえも庶民との格差を感じる部屋。
将軍セレブすぎ。

その後、名古屋城へ。もちろん、ポータルはキャプチャしました。

名古屋城の中には、金のしゃちほこがあって絶好の写真スポット。
各階に趣向をこらした展示がされていて、しっかりと楽しむことができます。
半日は十分に楽しめる内容の濃さ。

くわしくは、

名古屋城公式ウェブサイト
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/index.html

【名古屋城の五平餅】
名古屋城の五平餅

天守閣で景色を眺めてお土産を買って、名古屋城近くの売店で五平餅を食べる。
息子が大好きだった。口をべったりと汚しながらも美味しそうに食べてました。


あなたの「いいね」が欲しいです。
「名古屋城いってきた」をシェアする
 
 このエントリーをはてなブックマークに追加  LINE  
 はてなブックマークやLINEでシェアされると、よろこびます。 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください