横浜狸小路の富翁(豚の味珍)で豚の頭と胃を食べる


豚の頭

横浜の富翁。豚の頭と豚の胃を食べる。豚胃は多めの辛子を酢で溶かし、醤油を少しつけて食べる。
豚頭はゼラチンが多く脂身も多いチャーシューといったところ。
豚胃は牛筋に似た味。

via.me/-6tfv4qu
via.me/-6tfwa6u

富翁と書いてトミオーと読みます。
豚の味珍(まいちん)が正式な店の名前かも。

豚の頭
豚頭はゼラチンが多く脂身も多いチャーシューといったところ。

豚の胃袋
豚胃は牛筋に似た味。コリコリしている。

また、食べたいかって言われるとそんなに…。
でも、豚の頭はチャーシューだと言われれば、(焼豚だからチャーシューなんだけど)普通に食べれる味。

他にも豚舌とか、豚足とか、豚耳とかメジャーなものがあります。

場所は横浜駅西口側の狸小路…。
狸小路は昭和の雰囲気を残した小路です。

狸小路


あなたの「いいね」が欲しいです。
「横浜狸小路の富翁(豚の味珍)で豚の頭と胃を食べる」をシェアする
 
 このエントリーをはてなブックマークに追加  LINE  
 はてなブックマークやLINEでシェアされると、よろこびます。 
 

One Response to 横浜狸小路の富翁(豚の味珍)で豚の頭と胃を食べる

  1. Arison より:

    豚の頭と豚の胃を食べてみた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください