是正処置報告書の書き方


ドキュメントアイコン

何か問題を起こした時は是正を行う必要がある。
その是正方法を上司などのしかるべき者へ報告する義務がある。
いわゆる是正処置報告書である。

で、その是正処置報告書の書き方。

【是正処置報告書の書き方】

  1. ○○します。(計画)
  2. ○○しました (行動)。
  3. △△になりました。(結果)
  4. □□を見てください。(証拠)

相手に報告する際には証拠が必要。
計画や行動には結果と証拠が必要ということ。

簡単な具体例を挙げるとすれば、

プログラムミスによるバグをなくすためには。
例)
テストします。
テストしました。
バグなしになりました。
エビデンスみてください。

テストします、テストしましたと言ってもエビデンスを残しておかないと納得してもらえない。
そんな感じ。

是正処置報告書なんか書かないにこしたこと無いんだけどね。


あなたの「いいね」が欲しいです。
「是正処置報告書の書き方」をシェアする
 
 このエントリーをはてなブックマークに追加  LINE  
 はてなブックマークやLINEでシェアされると、よろこびます。 
 

One Response to 是正処置報告書の書き方

  1. Arison より:

    何か問題を起こした時は是正を行う必要がある。その是正方法を上司などのしかるべき者へ報告する義務がある。いわゆる是正処置報告書である。で、その是正処置報告書の書き方。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください