さすが赤ペン先生(かけ算の式を書く順番)


アイディアアイコン

答があうのも大事だけど手順や考え方が大事だと思う。
さすが赤ペン先生。

5人に飴を4個ずつ配ると飴はいくつ必要か 赤ペン先生回答 | エンタメ | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2012/12/19/163/

5人に飴を4個ずつ配ると飴はいくつ必要か 赤ペン先生回答。

「5人に飴を4個ずつ配るとき、飴はいくつ必要になりますか」という問いに「5×4=20」と答えると、
小学校の先生から「×」をもらう、というのである。

正答は「4×5=20」である。

自分は「5×4=20」は△で「4×5=20」が〇というのを納得していた。

赤ペン先生理論

かけ算の式を書く順番について、進研ゼミでは
(1つ分の数)×(いくつ分)=(全部の数)
で立式するよう指導しております。

http://news.mynavi.jp/news/2012/12/19/163/

説明うまい。答があうのも大事だけど手順や考え方が大事だと思う。
さすが赤ペン先生。


あなたの「いいね」が欲しいです。
「さすが赤ペン先生(かけ算の式を書く順番)」をシェアする
 
 このエントリーをはてなブックマークに追加  LINE  
 はてなブックマークやLINEでシェアされると、よろこびます。 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください