大阪生野コリアタウンに行ってきた


大阪生野コリアタウン入り口

GWの初日?といっても飛び石連休ですが、大阪生野コリアタウンに行ってきました。
大阪生野コリアタウンは日本最大級のコリアタウンになります。

大阪生野コリアタウンの歴史は簡単に言うと

・大正時代末期に就役した「君が代丸」により、済州島からの移住者が増大し、御幸通の裏手に朝鮮市場が誕生。
・戦時中、日本人店主たちが疎開を始め、御幸通の裏手で商売をしていた人たちを始めとして在日韓国・朝鮮人達が御幸通で店舗を構える。
・戦後、昭和30年代から50年代前半にかけては日本の高度経済成長とあわせて発展。
・昭和50年代後半頃から陰り、危機感を覚えた当時の商店主たちが、”コリアタウン構想”を掲げる。
・日韓共催ワールドカップ、冬のソナタに始まる韓国文化への関心で人気が出る。

下記の公式ページの商店街沿革&概要に詳しく書かれています。

大阪生野コリアタウン
http://ikuno-koreatown.com/

と、そんな歴史はブログを書いて始めて知ったわけです。
妻が最近、韓国にはまっていて、そのきっかけで大阪生野コリアタウンに行ってきたというわけです。

で、まずは岡山から大阪へ。ここはやっぱり便利な新幹線。

息子にとっては何度目かの新幹線。小さいながらいろいろと経験つませたいと思って。
新幹線で名古屋にも行ったことあるし、自分が子供の頃は新幹線なんか乗っていなかった気がする。

岡山駅新幹線乗り場

新大阪駅についてら、そこからは環状線で鶴橋駅へ。

大阪を1日観光するなら、エンジョイエコカードがお得でした。
地下鉄・ニュートラム・市バス全区間が土曜・休日なら大人600円で、こども300円。
妻はエンジョイエコカード、自分はSuikaで息子はまだ無料。
新大阪からなんばまでが280円なので往復するだけでほぼ元が取れます。休日にいろいろ行くなら便利。

で、鶴橋駅について生野コリアタウンに行くまでの間、鶴橋駅付近を探索。
この鶴橋駅近辺もコリアタウンみたいな感じ。
で、すごく入り組んでいるので、鶴橋ダンジョンといわれているようです。

本当に迷いそうになりました。道の左右にある店舗からは「キムチどう?」とか声をかけられたりと。
そういうの、嫌いじゃないタイプなので楽しんで進みました。
キムチを始め珍しい韓国の食材がいっぱい並んでいました。

気のいいおじさんがいて、海苔の試食をして店舗で帰りに買うと約束して別れる。

あんまり地図を確認しない軍団なので、なんとか大きい道に出て、とりあえずタクシーを捕まえて生野コリアタウンへ。
1メーターほどで到着しました。

大阪生野コリアタウンの入り口で写真撮影。
現地の在日の韓国人だけでなく、韓国の観光客も多そうな感じ。

大阪生野コリアタウン入り口

場所はこの辺。

入ったところの飲食店も気になったし、そのあとのグッズショップも珍しいものがあって気になる。
誘惑が多いけど、まずは直進。一通り店を調べて、美味しそうな店やらお土産屋を把握。

そのまま商店街を歩いていく。まずは、面白そうな店をめぼしつけながら直進。
「トッポギ」「チヂミ」「キムチ」「キンパ」あたりは押さえておきたいと思っていました。
気になったのは電球型のドリンク。本場韓国で流行っているようです。

もう1回写真撮影。

大阪生野コリアタウン

妻はお土産グッズもかなり気になっている様子。
韓国のアイドルグッズや韓国の文具に惹かれているみたい。

息子はどうでもよいっぽくて「帰りたい」を連発。
・・・おいおい、せっかく大阪に来たんだし楽しもうよ。

で、息子と自分はいい遊び場所を見つけたのでそこで時間つぶし。
その間に妻は買い物タイム。

御幸森第2公園

ここって住民の憩いの公園みたいな感じなんだけど、息子と自分で存分にここで楽しみました。
ここで「トッポギ」「チヂミ」を食べたり。
滑り台やら遊具があるので息子も大はしゃぎ。

現地の韓国人の子供たちとも遊びました。
別に言葉は無くてもわかりあえる子供ってすごい。
・・・わかりあえているのかどうかはわからないけど。

この近くのビス千代はトイレもあるので、困った時はここでトイレ。
飲み物も安く買えます。

2,3時間ほど生野コリアタウンで遊びました。

民族村の食べ放題でランチを楽しんでもいいけど、ここは出店や食べ歩きをしたほうがいい気がする。
山田商店には見たことのないキムチがいっぱい。
カゴモト畜産のホルモンなどが入った肉の盛り合わせもオススメ。
麦の家のキンパはぜひ食べてもらいたい。

で、そこから鶴橋駅へは歩き。

生野コリアタウンのすぐそばにクロネコヤマトがあったので、重たい荷物やお土産はここで送ることもできます。
あと、パラダイスっていう食品から韓国グッズが手に入るこの店もオススメです。

その後は商店街を突っ切ると、鶴橋ダンジョンに着きます。
鶴橋駅付近で再び時間をつぶして、約束どおり、海苔を購入。
・・・おっさん自分のこと覚えてなかったな。

鶴橋駅付近は焼肉店がひしめいていて、ここで晩御飯を食べたかったんだけど、ここは倹約ということで我慢。
新大阪駅まで行き、岡山駅経由で倉敷へ戻ってきました。

本当は阿倍野ハルカスやらいろんなところにも行きたかったんだけど、生野コリアタウンだけで制限時間いっぱいでした。

で、今回の戦利品。ほとんどが妻の購入品(笑)。

大阪生野コリアタウンのお土産(食べ物)

大阪生野コリアタウンのお土産(文具)

大阪生野コリアタウンのお土産(アイドル具)


あなたの「いいね」が欲しいです。
「大阪生野コリアタウンに行ってきた」をシェアする
Twitter Facebook G plus このエントリーをはてなブックマークに追加 G plus LINE