2010-04




  • CSSの基礎 No.4 レイアウト | アリラボ(arison.jp)

    CSSの基礎 No.4 レイアウト | アリラボ(arison.jp)
    http://arison.jp/arilabo/arilabo.php?labo=10
    CSSの基礎を新人に教えることになったので、CSSを学んでみました。
    今まできちんと学ぶことなく、業務で使っていたので(←おい)、今回CSSを学べたことは自分にとってもいい経験になりました。
    とりあえずは4部構成になっちゃいました。
    4部はレイアウト。2カラムレイアウトと3カラムレイアウトをちょこっとだけ紹介。
    これもドツボにはまりやすいです。
    ちなみにpositionは説明いたしません。だってややこしいし。
    とりあえず、これで、新人教育用の資料は終わりです。



  • 【Gackt】男としてやっちゃいけないこと

    「男としてやっちゃいけないことをした」。

    GACKTが語るメッセージはなかなか自分の心に突き刺さる。
    お金のことで苦しませちゃあいけない。
    続きを読む



  • CSSの基礎 No.3 ブロック要素とインライン要素、CSSの継承 | アリラボ(arison.jp)

    CSSの基礎 No.3 ブロック要素とインライン要素、CSSの継承 | アリラボ(arison.jp)
    http://arison.jp/arilabo/arilabo.php?labo=9
    CSSの基礎を新人に教えることになったので、CSSを学んでみました。
    今まできちんと学ぶことなく、業務で使っていたので(←おい)、今回CSSを学べたことは自分にとってもいい経験になりました。
    とりあえずは3部構成で考えています。で、今回は3部。
    3部はインライン要素とブロック要素。今まであんまり意識していませんでした。
    ええ、とりあえず、すみません。



  • CSSの基礎 No.2 セレクタ | アリラボ(arison.jp) 

    CSSの基礎 No.2 セレクタ | アリラボ(arison.jp)
    http://arison.jp/arilabo/arilabo.php?labo=8

    CSSの基礎を新人に教えることになったので、CSSを学んでみました。
    今まできちんと学ぶことなく、業務で使っていたので(←おい)、今回CSSを学べたことは自分にとってもいい経験になりました。
    とりあえずは3部構成で考えています。で、今回は2部。
    2部セレクタ。ドツボにはまりやすいです。



  • CSSの基礎 No.1 適用方法 | アリラボ(arison.jp)

    CSSの基礎 No.1 適用方法 | アリラボ(arison.jp)
    http://arison.jp/arilabo/arilabo.php?labo=7
    CSSの基礎を新人に教えることになったので、CSSを学んでみました。
    今まできちんと学ぶことなく、業務で使っていたので(←おい)、今回CSSを学べたことは自分にとってもいい経験になりました。
    とりあえずは3部構成で考えています。
    1部CSSの適用方法、
    2部セレクタ、
    3部グループ化と継承。
    CSSハックについてはやりません。だって難しいもん。



  • 品質マインド | アリラボ(arison.jp)

    品質マインドについて書いてみた。
    今年度は会社の自主教育で品質について勉強するんで、そのあたりでいろいろと品質について考えています。
    システムの品質を高めるためには、各人の心構えが大事だと思う。
    http://arison.jp/arilabo/arilabo.php?labo=6



  • 和洋の極み「ふじわら」で舌鼓

    ふじわら 肉

    今日は、小・中学校のメンバで、岡山県玉野市の田井にオープンした「ふじわら」に行ってきた。

    ふじわら

    この店は、自分の中学校の友達がオープンした店で、和食から洋食まで幅広いメニューのある居酒屋っぽい店だ。
    ランチとディナーがあるけど、今回はディナーで。
    玉野市の仕様で午後22時にはしまっちゃうので注意が必要だ。
    自分の友人は22時に店に入って一杯やったらしいけど。
    ランチは600円。とってもリーズナブル。
    撮影禁止といわれたものの、メンバ全員、普通にシャメしてきました。

    【生ハムのサラダ】
    生ハムのサラダ
    普段はベーコンだけど、今回はパルマ産の生ハムにしたらしい裏メニュー。

    【100グラム結構するステーキ】
    100グラム結構するステーキ
    300グラム。
    やわらかくて肉が噛まなくてものどを通るような感じ。これだけでも食べに来て欲しい。
    でも、裏メニュー。もうちょい安いバージョンのステーキがあるとかないとか。

    この前に、見事な刺身の盛り合わせもあったんだけど、写真撮影を忘れてしまった。
    なんか、巨大な貝の刺身があった。これも裏メニュー。
    タイの歯ごたえがすごい。新鮮な証拠。

    【アワビのクリームコロッケ】
    アワビのクリームコロッケ
    これも裏メニュー。たまたまアワビが入ったかららしい。

    【エビのかき揚げ】
    エビのかき揚げ
    これも裏メニュー。塩味で酒の肴にグッド。

    ヨモギの生麩を浮かべた汁物。名前はよく覚えていない。
    いい出汁で全部飲んでしまった。

    【巨大メバルの煮付け】
    巨大メバルの煮付け
    これも裏メニュー。っていうか店長の父親が買ってきたらしい。
    食べてから撮影したので汚くてすみません。食べても食べてもなくならなかった。

    あと、【お頭の酒蒸し】【アジの南蛮漬け】があったな。
    アジの南蛮漬けは酸っぱいだけではなくて昆布だしが効いていて美味しかった。

    あと【チャンジャ】【タコワサビ】

    【ベーコンとシメジのカルボナーラ】
    ベーコンとシメジのカルボナーラ
    これは普通にメニューにあります。普通にうまい。これも食べてて途中で撮影。

    【デザートの盛り合わせ】
    デザートの盛り合わせ
    デザートの盛り合わせも、裏メニュー。
    イチゴが結構大きい。で、さらに美味かった。

    店長いわく、
    「デザートでイチゴが小さくてがっかりしたら残念じゃん。
    ちょっとしか値段が変わらないなら美味しくて大きい方買ってお客さんが喜んでくれた方がいいじゃん」

    裏メニュー尽くしで価格が全くわからないけど、「3000円でいいよ」っていう店長。
    いやいや、これ普通に10000円コースだよ。で、間とって5000円にした。

    自分が「枝豆 ほしぃ」と言ったら「冷凍もんはつかいたくない。安っぽい店にはしたくない」
    「フライドポテトはあってもいいんじゃね?」
    「落ち着いたら自家製なら作ってみるか」
    とか店長もいろいろ試行錯誤してるようだった。

    ふじわら

    まあ、これは今度、自分が営業活動して広めて恩返しするしかないな~。
    ということで、玉野市の発展も兼ねて、玉野市田井にある「ふじわら」にぜひご来店を。

    ちなみに30名が限度で駐車場は店付近に3台。
    ちょい離れたところに2台あります。



  • ちょっと本気のアリペディア

    ちょっと本気のアリペディアを更新した。
    http://arison.jp/aripedia/wiki.php
    画面表示レベルなら、ウィキペディアではなくアリぺディアで十分なのではないかと思う。
    編集機能はウィキペディアで書いて欲しい。
    だって、アリぺディアはウィキペディアのパロディなんだから、ウィキペディアに書いてもらわないとアリペディアには乗せられないからだ。
    という仕様にしておこうと思う。
    でも、ちょっと似せすぎてフィッシングサイトって思われたら、困るなあ。
     通常のアリペディア(クローズなもん)も適当に更新します。
    http://arison.jp/aripedia/index.html



  • 津山鶴山公園にてうらじゃ演舞

    津山鶴山公園の「津山さくらまつり」

    今日は津山鶴山公園の「津山さくらまつり 」にて、うらじゃ演舞を行った。
    津山鶴山公園の「津山さくらまつり」

    今回の演舞は2008年度バージョンの演舞。
    http://www.youtube.com/watch?v=V-u1agKnq9M 

    練習は2回しかしておらず、ちょっと振り付けもうる覚え……。
    朝の9時30に後輩を乗せて会社到着。

    津山に向かう途中、警察の検問に引っかかる。
    めちゃくちゃドキドキして、「速度オーバー?」と思っていたら、春の交通安全キャンペーンだった。

    続きを読む



  • 花見

    4/3は玉野の仲間たちと深山公園で夜桜を楽しんだ。
    車を出してもらったので、今日は久しぶりに飲んだ。おでんとカラアゲが異様においしかった。
    みんなで食べるとよりおいしく感じる。
    続きを読む






あなたの「いいね」が欲しいです。